宗教によって違う弔辞での金封の表書き
ホーム > 宗教によって違う弔辞での金封の表書き

宗教によって違う弔辞での金封の表書き

2016年10月18日(火)11:11 AM
宗教によって違う弔辞での金封の表書き 弔辞での金封の表書きは宗教によってことなります。 先方の宗教がわからない場合は「御霊前」と書きます。 それでは各宗教でのお悔やみの表書きについてご説明いたします。 まず共通は前述の通り、 御霊前 仏式の場合は 御仏前や御香料、御香典 キリスト教の場合は 御花料 神式の場合は 御玉串料、御神前、ご御榊料、御神饌料 という書き方をいたします。 お返しの場合は 仏式が忌明、共通は粗供養、志となります。 また水引きに関しても決まりごとがあります。 仏式の場合は 双銀・白黒の結びきり、鮑結び、 キリストは使用なし、 神式は双銀・双白、結びきり、または鮑結びと なります。 お葬式というものは突然にやってまいりますので、 知らない方も多いかと思います。 是非、参考にしていただければと思います。 西宮市の葬儀、家族葬は想愛セレモニーのお葬式 http://kazokusou-souai.com/


«   |   »