喪主になったらするべきこと②
ホーム > 喪主になったらするべきこと②

喪主になったらするべきこと②

2017年10月26日(木)12:40 午後

前回は臨終後の喪主がすべきことをお伝えいたしました。
https://kazokusou-souai.com/201710-2/

今回はお通夜、お葬式(家族葬・一般葬)・告別式の準備についてお伝えいたします。

臨終後もするべきことはたくさんございます。

まずは正式に喪主を決定しなければなりません。

そして、葬儀の日程、場所、予算などを決定し、
葬儀社を選び、見積をとります。

菩提寺があれば連絡するようにしましょう。

ご遺体を安置して枕飾りをしてください。

現金は50万円〜100万円で可能な限りご用意しておく事をおすすめいたします。
世話役に受付や会計の手配をし、遺影の写真の手配もします。
その時、返礼品も会場礼状の手配も必要です。

さらに弔辞の依頼やお通夜振る舞いの準備等、 準備だけでもするべき事がたくさんございます。

菩提寺があれば僧侶と戒名の相談もしなければなりませんので、
ご遺族、特に喪主の方はお辛い気持ちの中、大変かとお察しします。

そのようなご負担を軽減する為にも葬儀社のあり方は重要だと 当社では考えております。

もしもの時の一番のパートナーとして
寄り添っていければと思いますので、何をして良いかとわからない時も 安心して想愛セレモニーにご相談ください。

次回はお通夜・お葬式当日のするべき事をお伝えしてまいります。



«   |   »